最短で調理師免許を取得できる?「調理の専門学校」

調理師免許の取得方法

調理師免許を取るには、2種類の方法があります。一つは、2年以上飲食店での経験を積み、調理師試験に合格する方法。もう一つは、調理師養成学校に1年以上在籍し、知識と技能を取得する方法です。学校は、専門学校と調理科のある高校があり、食に関係した栄養士の専門学校もあります。

栄養士の専門学校について

料理

栄養士の魅力

栄養士の仕事は、幅広い仕事に活かせるため人気です。人の健康状態を見て献立を決めたりするのでコミュニケ―ション能力が必要となってきます。栄養士の専門学校では、座学だけでなく調理実習などの技能面の育成にも力を入れています。栄養士の専門学校を目指している人に役立つ情報をお届けします。

READ MORE

人気の料理教室

高校や専門学校以外に、一般の人でも通える教室(スクール)などもあります。その中でも、パン作りの教室がとても人気があります。料理が苦手な人でも最初から優しく教えてくれるので、未経験の人でも安心です。また教室では、趣味で通う方からプロを目指しお店を開いた卒業生もいます。自由に学べるのが人気の理由です。

調理師免許を取るメリット

料理の知識を身につけることができる

調理師免許を取るには経験を積むか、専門学校に通わないといけません。専門学校で調理師免許を取ることで、食事に行くときなども、食材を見てメニューを選んだり、衛生面のチェックをしたりすることができます。また、栄養バランスなどを気にしながら健康的に食事をすることもできます。調理師免許の知識を活かして、他の栄養士などの免許を取るとより知識を広げることができます。

ステップアップができる

調理師免許を3年以上有している場合、「専門調理師」「調理技能士」などの資格を受ける権利を貰うことができます。調理の仕事を続けることで、調理師免許は取得した後でも、ステップアップすることができることも大きなメリットとなります。このように専門分野に特化することによって、自分のお店を開業したり独立する夢が近くなるかもしれません。

食品衛生責任者の資格

お店を開業する時には、「食品衛生責任者」の資格が必要となってきます。その資格は、食品の製造・販売・管理を行うために絶対に必要となってきます。免許取得には、講座を受けなければなりませんが、調理師免許を持っていると、申請するだけで取得が可能になります。自分のお店でなくても、飲食店に就いた場合には有資格者がお店に一人必要なため、重宝されるでしょう。

就職に有利

飲食店を運営する場合、お店に一人は調理師免許を持っている人が必要なため、調理師免許を持っている人は就職に有利になってきます。有資格者は、時間帯責任者など責任のある業務を任せられることが多いので、給料が通常よりも高いことが多いです。また、長期で働いているアルバイトの人よりも、社員登用も可能性の大きくなるため、キャリアアップに有利になります。

信頼してもらうことができる

自分のお店を開業するとき、調理師免許を持っている人のお店か、食品衛生責任者の資格を持っている人のお店に行くかとなると、有資格者のお店に行く人が多いと思います。免許を持っている方が衛生面や食品も安心することができます。知識と資格があることでお客様から、信頼してもらうことができるので、自分のお店を開業する予定の人は、調理師免許の取得をオススメします。

[PR]

調理高校の見学
体験レッスンに参加しよう!

調理師免許を取得する理由

女性

専門学校に通うメリット

調理の専門学校は、最短で一年間で調理師免許を取得することができます。それが、専門学校に通う一番のメリットとなります。またその一年間で、和洋中の食を学ぶことができます。そして、直接プロの先生から学べることもメリットと言えるでしょう。調理師免許を取ることで、就職にも有利になるので、料理好きで将来飲食店で働きたい人などには、効率的に免許を取得することができます。また、国内外のコンテストなどもあるので、実績を積むことも出来ます。

卒業後の進路

調理師免許を取得して、専門学校を卒業すると、様々な就職先があります。一番多いのは、飲食店で料理人として働く人です。ホテルや洋菓子店などのお店を転々として様々な経験を積む人たちも多くいます。調理師の知識を活かして、栄養士の道に進む人もいます。最終的に自分の店を出すような人たちも卒業生にいるので、活躍の幅がとても広く、人気があります。海外のお店で活躍している卒業生なども多くいるので、グローバルに仕事をすることも出来ます。

[PR]

広告募集中